YouTubeで未来を切り開く

「登録者数が集まりやすいジャンルとは?」

 

第54号

未来ユーチューブ研究所へようこそ!若宮です。

 

 

皆さん、youtubeのチャンネルを始められて悪戦苦闘してると思います。

 

その第一の関門がやはり「どのジャンルのチャンネルを始めればいいのか?」

ではないでしょうか?当然だと思います。

 

 

僕がチャンネルの本質は「企画」で決まるとブログで書きましたが、企画とは

言い換えれば「ジャンルの選定」と言ってもいいと思います。

 

そこで今回は「登録者数が集まりやすいジャンル」について簡潔にお話したいと思います。

 

繰り返しになりますが「登録者数は99%、ジャンルで決まる」

 

これは誰が何と言おうが間違いありません。ジャンルによって視聴者人口が大きく変わる。

視聴者人口が多いもの、ライバルが少ないジャンルは誰がやっても適度に登録者数が集まるものです。

 

 

今回の若宮のブログでは登録者数が比較的、簡単に増えやすいジャンルを解説するので最後まで読んでいただければと思います。

今までの若宮の経験のエッセンスを話したいと思います。

 

 

☆登録者数が増えやすいジャンルには三つの特徴があります☆

 

とどのつまり、登録者数が増えやすいジャンルにはそれなりの理由があるものです。

 

それは

 

①興味

②ニーズ

③ディスカッション

 

これに尽きると思います。

この三つのうちの、どれかが含めれてるジャンルは登録者数が増えます。断言してもいいです。

 

 

まずは①の興味

 

興味と言う日本語は「人が気になること」もっと言えば、謎→知りたい→分からない→
どうなるのか?→だったら教えて こんな感じです。

 

続いて②のニーズ

 

これは検索数が多い、関連動画お勧めに表示されやすいもの。とにかく人が求めてるもの。お祭りに行ったら、たこ焼きの需要がありますよね。ただ図書館に行ってもたこ焼きの需要はないと思います。

一緒です。youtubeの中でも需要があるものとないものがあります。youtubeの中においても求められるジャンルと言うのは決まってきます。

 

 

最後に③のディスカッション

 

これはどんなジャンルか?一言で言うと人が議論しあうジャンルと言うことです。「僕はこの事に関してはこう思う」、視聴者と投稿者、または視聴者同志で議論を行なうもの。もっと言えば視聴者同志が喧嘩をし合うジャンル。そう言ってもいいと思います。

 

上記の三つの要素が含まれてるジャンル。これが若宮のお勧めです。

 

 

羅列します

☆カップル系

☆ギャンブル系

☆ノウハウ系

ここまでが「興味」

 

 

☆トレーニング系

☆女性youtuber

ここまでが「ニーズ」

 

 

☆政治系

☆都市伝説系

ここまでが「ディスカッション」

 

 

こんな感じでしょうか?

じっくりこれらのディテールを説明していきたいと思います。

 

まずは「ディスカッション」分野

 

一般論として政治系と言うのはかなり、議論が飛び交うジャンルになります。若宮もこの分野の知識があるなら、政治系のyoutuberをやっていたと思います。昔の話ですがテキストスクロール系で政治系のことを扱っていた人達は相当、儲かっていたと思います。

 

理由は簡単、見る人が非常に多い、さらに時事ネタになるので誰かが何かをするたびに視聴者の方はそれに対する意見があるでしょうし、批判もあるからです。見る人も多いし、それに伴う議論もある、テーマが嫌いでもそれに対する意見は各自持っているので成り立つ。だから視聴維持率も高めを維持できる。いいことづくめなのです。

 

もう一個の「都市伝説系」も色んな説が飛び交っているテーマです。その説に対して議論しあう、そもそもこの「都市伝説系」を見る人の数が非常に多い。この先もポテンシャルが非常に高いテーマだと若見は考えます。

 

続いて「ニーズ」分野

 

ニーズと言うのは世の中には絶対にあるものですが、今日はその中から抜粋して二つを上げていきたいと思います。

 

まずは「トレーニング系」これは端的に言うと女性がトレーニングしている動画を指してます。女性がトレーニングしてる動画を分析すると、圧倒的に再生数を稼げてます。日本、世界問わずです。お勧めです。理由は男性が見るからですかね?

 

そして「女性youtuber」やはり、最近のトレンドとして男性youtuberより女性youtuberの方が圧倒的に伸び率が高いです。品のない動画は論外ですが「女性がご飯を食べて、感想を言う」など男性が、その女性の行動を見続けることが出来る動画、これも伸びが高いです。

 

ただ他のブログにも書いてますが、いわゆるアダルト系は絶対に避けてください。あくまでも上記のような男性の興味を惹く女性らしさをアピールした動画と言う意味です。お間違いなく。

 

最後に「興味」の分野

 

まずは「カップル系」伸びてるカップル動画の特徴として二人の関係を誇張する、釣っているものが多いです。サムネイルにおいてもタイトルにおいてもそれが見受けられます。「媚薬を飲ましたら」「お酒を飲ましたら」「彼女が浮気したら」視聴者にとって結末が見たいという、ハラハラドキドキの動画になってます。

 

最近は「カップル系」の種類も多岐にわたってます。清純カップル、ビジネス系カップル、おたくカップル。色んなカップルのドラマを見たい欲求は世の中には豊富です。

 

次に「ギャンブル系」これも日本人の特徴なのか?非常に再生数を伸ばしやすいものです。パチンコをやってるだけの動画、競馬のことやっている動画、理由はシンプル。それだけ興味を持ってる人が多いからです。需要があるからです。「勝ちたい」「一山当てたい」そういう人が世に溢れてるからです。

 

それに通ずるものとして「ノウハウ系」

 

色んなノウハウ系があります上記の「ギャンブルの勝ち方」「競馬の勝ち方」「youtubeの伸ばし方」そういうハウツー系はまだまだ、勝ち組みです。

何かを教える、分かりやすくノウハウを人に説明する。そのことを知りたいというニーズがあるものは必然的に再生数が伸びるものです。

 

 

さらに今日説明したジャンルに共通してることがあります。

 

若宮

それは ズバリ

「ターゲットが似てる」ことだと思います。

 

 

なぜか?

再生数が伸びやすいネタのターゲット年齢層は基本40代から60代(特に男性)なのです。

もう一度今日、羅列したジャンルをまとめてみます。

 

 

☆カップル系

☆ギャンブル系

☆ノウハウ系

☆トレーニング系

☆女性youtuber

☆政治系

☆都市伝説系

 

 

絶対的に合っている統計ではないですが、上記のジャンルを見てるのは60%以上が40代から60代です。ちなみに10代から20代前半の視聴者は10%に満たないとなってます。政治系に絞ると圧倒的に50代の男性以上が多いです。

 

現在の日本の人口統計比率をみると、一番人口が多いのは45歳から50歳の男性になります。その最多人口の層を視聴者として獲得できる分野と言うことになります。

40代から60代(特に男性)が惹かれるテーマをもってくると再生数が伸びる。これが結論になります。

 

 

ちなみに今年、2020年から日本の女性の二人に一人は50歳以上と言う統計が出ています。日本も熟女大国になってきてます。やはりyoutubeも年齢層の高い世代をターゲットにするのが理にかなってると思います。

 

今回は「登録者数が集まりやすいジャンル」それに伴うターゲットの狙い方に関してお話させていただきました。。皆さんの参考になれば若宮、嬉しいです。

 

質問はいつでも若宮までご連絡ください。

最新情報をチェックしよう!

Youtubeの最新記事8件

>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG