YouTubeで未来を切り開く
NO IMAGE

【YouTube】iMovieの動画作成で背景画像に動きを出してプロっぽく仕上げる方法

iMovieの記事が続きます。

iMovie推奨派なもので興味のない方すみません・・・

 

この記事もテキスト動画作成についてですが、テキスト動画については散々記事にしたので割愛します。

 

YouTubeでテキスト動画を作成する時に、動画だけでは容量が大きすぎたりで、画像を素材にしますよね。

 

しかし、ずっと静止画ですと、飽きられてしまいます。

 

さらにはYouTube様から動画としての判断がしてもらいにくい。

 

 

そこで、画像素材だけでも動画のように動かすというテクニックがあるので紹介していきましょう。

 

iMovieを使用していれば是非取り入れてください。

iMovieのクロップ、ken burnsで動画に動きを出す

iMovieではken burnsを使うと簡単に動画に動きを出すことが出来ます。

 

やるとやらないでは動画の印象が全然違うため、積極的に取り入れていきましょう。

静止画の動画に動きをつける

例えばWebサービスのチュートリアルで、単に画面全体を表示するより、操作にあわせてカメラが動くと格好いいですよね。

地道な作業になりますが、iMovieでもある程度カメラワークを付けられます。

 

 

1,基本的な手順

kenBurnsというエフェクトを使い、カメラワークを実現します。

kenBurnsは支点と終点をきめて、ズームインやズームアウト、パンなどの動きを付けるエフェクトです。

 

 

2.最初のエフェクトを付ける

まず最初のエフェクトを動画全体に対してかけます。

ズームインのkenBurnsエフェクトをかけますね。

 

 

3.動画を分割する

2でかけたエフェクトと、次のエフェクトの境界になる位置で動画を分割します。

 

分割後の動画で、2つ目の動画にかかっているエフェクトの支点と終点を逆転させ、終点の位置・サイズを新しく設定します。

(エフェクト感の繋ぎがなめらかになります)

 

 

4.繰り返す

あとは2と3を全てのエフェクトを付けるまで繰り返します。

以上で完成です。

 

 

 

動画に動きがあるだけで動画の印象がかなり違います。

 

ズームイン、ズームアウト、パンの順番を変えれば違った印象の動画が作れるでしょう。

 

動画編集ソフトは最初はいろいろと試してみて、新しい発見を探してみるのもいいですよ!

 

効率的に手間をかけずに簡単で動きのある動画を作成できるので是非参考にしてください。

 

なにかお困りの際は、お気軽に若宮までどうぞ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG