YouTubeで未来を切り開く

YouTubeで再生リストを作成する方法と活用術

未来ユーチューブ研究所へようこそ!若宮です。

 

チャンネルの動画が再生される時は、コップから水が溢れる一滴のようにほんのちょっとしたきっかけでガンガン再生されます。

花粉症の発症にも似ていますね!

 

YouTubeには再生リストというものが存在します。

 

タイトルやサムネイルに比べたら効果は薄いですが、0ではないならやらないのはもったいないですよ!

 

再生リストは動画を作成している人にとっても効果はありますが、視聴者の為の機能とも言えますね。

 

どういうことか?今回は再生リストについて色々と説明します。

YouTubeの再生リストとは?

よくダイジェストみたいな「○本の動画」とまとまってるやつありますよね。

 

これが再生リストです。

 

何が重要なのかというと、自分の動画を検索して見に来てくれた視聴者がいるとします。

その視聴者が動画を見終わると関連動画が何個か表示されますよね。

 

自分の動画だったり、全然関係の無い人の動画だったり、自分の動画を見てもらいたいのに、そこで知らない人の動画に飛ばされたら、悲しいというか、勿体ないですよね。

 

そんな悲劇をを防いでくれるのが「再生リスト」になります。

 

 

全部見終わるまで、ひたすら自分の(選択した)動画が自動で流れるんですね。

飽きられたら仕方無いですけど、大体は満足してくれるまで2、3個ぐらいは見てくれるはずです。

 

1つでも多くの動画を見てもらって、気に入ってもらえたらチャンネル登録されるチャンスもありますよね。

 

そして、チャンネル登録してくれた人にも、再生リストはもの凄く便利です。

 

わざわざ探さなくて動画がまとまっているから簡単に探せます。

 

再生リストは視聴者の為の機能というのがわかりますよね。

無論自分が動画を把握するにも便利ですけどねw

 

 

でも、再生リストは自分の動画でしか出来ないわけではないんです。

 

全然関係無い人でも自分の動画を再生リストとして作れます。

 

 

「じゃあ、他の人に再生リスト任しておけば良いじゃん!」

 

 

という訳ではありません・・

 

その人が再生リストを消したらどうなりますか?

 

またはアカウント停止されたりしたら、せっかく作ってくれた再生リストがなくなっちゃいますよね。

 

ですので、再生リストも自分で作成するっていうのが大事になってくるわけですね。

 

それでは「再生リスト」の作成方法にまいりましょう!

再生リストの再生方法

1.YouTubeのサイトの画面で、「再生リスト」をクリック「新しい再生リスト」で、空のリストをまず作成します。

2.「動画の管理」をクリック「編集」で、そのリストに入れたい動画を編集画面で再生リストに加えていきます。

3.再生リストの設定、編集確認をしておきましょう。

4.表示順、再生順も手動(ドラッグ)で変更しておきましょう。

 

この再生リストをきちんと作っておくと自分でもわかりやすいですよね。

 

自分が上げた動画、アップデートした動画から目的の動画を見つけやすくなります。

 

クリエイターツールを使う場合にも再生リストをオススメ動画、リストなどにして宣伝出来ますからね。

また、トップ画面の編集、アレンジも使うことが出来ます。

再生リストを使うと何故再生数が増えるのか?

メリットはわかっていただけたと思いますが、なんで再生数につながるのか?

少し深いところまで説明いたします。

検索の露出を増やす

YouTubeの検索では、動画の他に再生リストが検索上位に上がってくる可能性があります。

これを利用して、自ら再生リストを作って検索でも露出を増やしていくという作戦ですね。

 

コツは”再生リストのタイトル”です。

 

再生リストのタイトルも通常の動画と同じようにキーワードを狙っていきます。

 

有効な手段としては

 

「キーワード+サジェストキーワード」を使うことです。

 

 

サジェストキーワードとは、YouTubeの検索窓にキーワードを入れてスペースを押すと出てくる関連度の高いキーワードの事です。

 

このようにサジェストキーワードを探し、再生リストのタイトルに盛り込むことによって、検索される機会を増やす事ができます。

ジャンルをまとめてチャンネルを見やすくする

チャンネル内の動画内容を細分化してまとめることで、視聴者にとって求めた動画に誘導しやすくすることで、再生数アップ&チャンネル登録率アップを狙います。

 

このチャンネルは見やすい!と視聴者に感じてもらうことが重要ですね。

 

しかも、再生リストは一つの動画の再生が終わると次々に動画の再生が始まるので、再生のループが起こります。

 

自分の動画が次々に再生されるのは嬉しいですよね!

再生リストの応用技

再生リストの応用技で再生数を稼ぐ方法です。

他の投稿者の動画を混ぜる

再生リストは他のチャンネルや投稿者の動画を組み込むことが出来ます。

複数のチャンネルを持ってる人は他チャンネルの誘導に使っても良いですし、チャンネル開設初期の場合には、自分のチャンネルより人気のチャンネルの動画に便乗する形で、動画の再生数を無理矢理上げることが出来ますよね。

 

しかし、注意点としては、人気動画に便乗できるからといってむやみにジャンル違いの動画を混ぜると、不快に思う人もいるので、再生リストに組み込む動画のジャンルはある程度揃えて再生リストを作りましょう。

 

※再生リストの応用技ですが、2019年現在チャンネル自体がスパム扱いでチャンネル停止になる可能性もあります。

YouTube運営側の対策でしょうけど、ちょっと控えた方が良いかもしれません。

最初アクセスが流れてきたら、再生リストは組換えるなど対策が必要です。

今後の再生リストの正しい扱い方

他人のチャンネルの動画と自分のチャンネルの動画を混ぜるとスパム扱いを受けるというペナルティ。

 

それじゃあ「そんな機能を付けるなよ!!」って思うかもしれませんが、天下のGoogle様とYouTube様には逆らえませんよねw

プラットフォームが求める利用方法に従うしかないのが現状です。

 

元々YouTube運営側は「再生リスト」をアクセスを集めると言う目的ではなく、視聴者に動画をまとめて見やすくするための機能っていう位置づけですよね。

 

なので、その要件を満たしつつ、上手く作っていくのがいいでしょう。

再生リストを子ジャンル毎に分けて扱う

運営するチャンネルによっては、ネタを雑多に扱う場合があります。

 

例えば、衝撃のチャンネルを運営してたとしたら、衝撃系でも

 

「衝撃 生物系」「衝撃 宇宙系」「衝撃 車系」

 

など、色々な話題を扱う場合は、再生リストでジャンル分けするのは有効です。

 

 

ユーザビリティーの向上を意識して、再生リストを取り入れると良いですね。

YouTube再生リストまとめ

 

・他人のチャンネルの動画を再生リストに入れない(ペナルティ対策)

・視聴者に見やすいように、自分の動画を再生リストにまとめるのはOK

・再生リスト名は、サジェストキーワードを取り入れていく

 

上記の要素を意識すれば,有効的に再生リストは活用出来るので、上手にYouTubeと付き合っていきましょう。

 

再生リストは組み込まれると動画の評価はあがりますし、互いの関連性が高いとみなされますよ!

 

いままで使っていなかったのであれば是非使ってみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG