YouTubeで未来を切り開く

YouTubeのタグのつけ方とハッシュタグのコツ!! ライバルのタグを丸裸に ♯タグ

未来ユーチューブ研究所へようこそ!

 

今回はタグの付け方とハッシュタグの付け方を色々と説明していこうと思います。

YouTubeでのタグとハッシュタグの効果的な使い方ですね。

 

再生数アップに活躍してくれるので是非覚えておきましょう。

 

わりと新しい機能、YouTubeでハッシュタグが使えるのを知らない人も多いみたいですしね。

タグを付けると関連動画へ表示されやすくなります。

 

両方ともまとめて説明していきましょう!

それでは解説です!

YouTubeのタグとは?

始めにタグの説明をしていきましょう。

 

YouTubeに動画をアップするとタグ入力欄がありますよね。

このタグとはなんでしょうか?

 

タグとは何かというと単純に「種類分け」ですね。

キーワードとして動画をジャンル分けするための物です。

 

例えばスポーツ関連の動画でも「野球」「サッカー」「バレーボール」等々、いくつも種類がありますよね。

 

こういったことを正しくカテゴリー分けするための要素というのがタグです。

 

タグを入れるメリットとは?

タグは、視聴者からは見えません。

 

そのため、どうして重要なのかがわかりにくいですよね。

 

何故、タグを入れた方が良いんでしょうか?

 

それは関連動画へ表示されやすくなるからです。

 

 

 

YouTubeの動画を見ていると、メインの動画の右隣にずらっと動画のサムネイルが並んでいますよね。

コレが関連動画です。

 

YouTubeではYouTube検索で動画を探してみる人よりも、関連動画に表示されている動画を見る人の方が圧倒的に多いのが現状です。

皆さんもそうでしょう。

 

表示されている動画を見終わったら、関連動画に表示されている動画をクリックして無限ループの様に時が経つのを忘れて動画を見まくりますよね?

 

これこそ関連動画の魔力ですw

 

 

 

ってことは逆に言うと、あの関連動画に自分のチャンネルの動画が表示されたら、めちゃくちゃ再生数が稼げるという事です。

 

その関連動画に表示される要素の一つが「タグ」なんですね。

YouTubeタグの付け方

管理画面から一個一個入力するのは面倒なので,メモ帳などに基本的なタグを入力しておいて、その都度コピペして使用する。
もしくは毎度使うならデフォルト設定にしておくとより時短になります。

 

その際には「衝撃 閲覧注意 ホラー」という感じでスペース「 」で区切って入力してください。

再生数をアップさせるためのタグの付け方

YouTubeは関連動画に似たような動画を表示しようとします。

 

似た動画を抽出する条件の一つに「共通のタグがあるか」というのがあるんですね。

 

「閲覧注意」というタグが付けてある、動画の関連動画には同じく「閲覧注意」というタグが付いている動画が表示されやすくなります。

 

しかし、「閲覧注意」というタグは多くの人が付けているので、弱小チャンネルの動画では表示されることはないでしょう。

ということで、考え方としては”自分のチャンネルに固有の物をいれる”ということで、自分の動画の関連動画に表示されやすくするっていうのが良いでしょう。

 

簡単に言うと「チャンネル名」「チャンネルURL」ですね。

 

これは必ず入れておきましょう。

 

自分の動画にはそのワードが必ず入っているっていうのがあればそれも入れます。

 

まあタグを付けたからといって急に爆発的なヒットにはならないでしょうが、付けておけば、関連動画にのる確率はグッとあがります。

他にも便利な使い方!ライバルのタグをのぞく!?

ライバルのYouTuberがどんなタグを付けているのかも気になりますよね。

 

最近ソースを見ても公開されていない情報なのですが、

 

クロームの拡張機能のTags for YouTubeを使えば、簡単に見たい動画のタグが毎回自動で表示されるように出来ます。

tag for YouTubeをクロームに追加します。(拡張機能を追加をクリック)

 

この状態でYouTubeの動画を再生して見てください。

次に説明欄の所に「もっと見る」とありますので、そこをクリック。

 

するとあっという間に「タグ」が丸見えになります!

 

コレを使って参考にしているチャンネルやライバルチャンネルがどういった「タグ」を使っているか、徹底的にリサーチしていきましょう。
とても参考になりますよね。

 

次に、ハッシュタグの説明をしていきますね。

ハッシュタグとは?

ハッシュタグと聞いて思い浮かぶのは、ツイッター、インスタ、Facebookなどの流行のSNSだと思います。

でも忘れてはいけない、YouTubeもSNSなんですよ!

YouTubeでもハッシュタグが使えます。

 

もちろんヒカキンさんも使用していますね!

 

SNSサービスを利用して、いまではほとんどの人が使うのがハッシュタグですよね。

で、ハッシュタグというのは、キーワードの前に「♯」が付いているタグの事です。

 

ハッシュタグはリンクになっているので、クリックすると同じハッシュタグが付けられた投稿を見ることが出来ます。

インスタとかツイッターではよく見ますよね。

 

では、YouTubeでのハッシュタグの活用方を順番に見ていきましょう。

YouTubeでハッシュタグを使うメリット

YouTubeでハッシュタグを使うメリットは、視聴者が話題の動画を「ハッシュタグ検索」で探しているとき、あなたのチャンネルがまだ、開設したばかりでチャンネルパワーが弱くても検索で上位に食い込める可能性が上がります。

 

どう言うことかというと、例えば視聴者が「ワールドカップ」の動画を探しているときに、あなたが「#ワールドカップ」とハッシュタグを付けて動画を投稿しておくと、視聴者が「#ワールドカップ」で検索したときにあなたの動画が上位に表示される可能性が高くなるって事ですね。

 

これは開設当初ですともの凄く嬉しい機能ですよね。

 

何故かというと、YouTubeの「ハッシュタグ検索」には、最新の動画を検索上位に表示する傾向があるからです。

 

 

ハッシュタグ検索は話題性(トレンド性・イベント性)を重視した検索なので、新しい動画を最新情報と判断して上位表示される可能性が上がるんですね。

 

そのためにハッシュタグは大いに利用しましょう!

YouTubeハッシュタグの付け方

YouTubeでハッシュタグを付けられる場所は「タイトル」と「説明欄」になります。

 

YouTubeでは「説明欄」に付けることを推奨していますので、「説明欄」に付けていきましょう。

ハッシュタグの付け方は?3つのポイント

1.「#」は小文字で必ず書いてください

大文字で書くとただの文字として認識されてしまい虚しいことになります。

2.「#」の単語が2語以上の場合は、スペースを開けずに書いてください。

× #車 雑学

○ #車雑学

3.「#」ハッシュタグを複数個記載する場合は、スペースを空けず連続で書いてください。

× #芸能ニュース #芸能情報
○ #芸能ニュース#芸能情報

以上の3点に注意して「説明欄」にハッシュタグを使っていきましょう。

YouTubeハッシュタグの効果的な使い方

YouTubeハッシュタグの効果的な使い方として「どんなワード」をハッシュタグとして設定しておくといいか教えちゃいます。

”ずばり答えは「ビックキーワード」「トレンドキーワード」”です!

 

「ビッグキーワード」とは例えば,芸能の話題であれば「芸能話題」「芸能最新」など抽象度が高いキーワードをいいます。

 

「トレンドキーワード」とは、今話題になってることやイベント名などのキーワードです。

 

例えば、「ワールドカップ」「東京オリンピック」などですね。

 

あとは、YouTubeの急上昇動画などを参考にしてみると、YouTubeで話題になっている動画の傾向が分かり「トレンドキーワード」を見つけやすいです。

 

このビックトレンド+自分固有のハッシュタグがおすすめですね!

YouTubeハッシュタグを使用する時の注意点

YouTubeでハッシュタグを使う時に気をつける点を紹介します。

 

 

1.動画と関係の無いワードを入れない。

例えば「ワールドカップ」が話題でも、全く関係のない「犬の動画」に「#ワールドカップ」と付けてはいけません。

一瞬は表示されるかもしれませんが、後でペナルティを受ける可能性が高いです。

 

2.数は5個までにしておく

一応YouTubeは、1本の動画に「ハッシュタグ」は15個以上入れると全ての「ハッシュタグ」を無視すると伝えています。

また、大量に入れるとスパム扱いになり動画削除の可能性もあるので、注意が必要です。

それで数ですが、あまり大量に入れても意味が無いのですし、効果が薄まりますので3〜5個ぐらいでちょうど良いでしょう。

表示されるのも3つですしね!

 

3.YouTubeで禁止されているワードは使わない

これはハッシュタグだけではありませんが「差別」「嫌がらせ」「性的なもの」「不快な物」を連想させるワードは厳しく取り締まられるので絶対に使わないようにしましょう。

YouTubeタグの付け方まとめ

YouTubeハッシュタグの効果的な使い方について説明してきました。

 

YouTubeハッシュタグを活用して再生数アップに繋げていきましょう。

 

 

説明欄に記載するだけでの簡単作業で即効性も高く、ハッシュタグ検索で上位表示されやすくなりますので、まずは動画のビックキーワードを入れて試してみてください。

 

タグ、ハッシュタグについて説明してきました。

 

どちらも動画再生数を増やす、意味のある作業です。

是非とも日々の動画作成に取り入れましょう!

最新情報をチェックしよう!

Youtubeの最新記事8件

>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG