YouTubeで未来を切り開く

Youtubeはどんな種類の動画が稼げるか?

未来ユーチューブ研究所へようこそ!若宮です。

 

 

 

YouTubeは動画を撮影してアップするのは当たり前ですが、いったいどんな種類の動画が稼げるんでしょうか?
気になりますよね?

 

闇雲に色んな動画をアップしても稼ぐことが出来るかどうかはわかりません。

ではどんな種類の動画が稼げるのか?

 

それをきちんと考えて動画をアップしないとけないですよね。

 

 

 

 

参考になれば幸いです。

YouTubeで稼げる動画とは?

YouTubeで稼げる動画とは一体どんな物でしょうか?

答えは簡単で、ヒントはYouTubeに転がっています。

 

再生回数が多い動画が稼げている動画って事ですからね。

 

そのジャンルのなかで若宮が初心者におすすめするのは・・・

 

・テキスト系動画
・ナレーション系
・スライド画像系
・撮影系

 

ですね!

順番に説明していきましょう。

テキスト系動画

テキスト動画は背景に文字を入れて、BGMを挿入して作成した動画。

 

下から上に文字が流れる動画をテキストスクロール動画と呼びます。

 

テキスト系動画のメリットとは?

まず、簡単に動画を作成することが出来ます。

動画編集が簡単で慣れれば15分程度で作ることができますよ。

ですので、超初心者にはおすすめしています。

 

最初はネタを収集したり、タイトルを考えたり、編集したりと工程になれるためにもテキスト系動画の作成がおすすめですね。

 

また少ない時間でより数多くの挿画を作成出来ます。

 

時間がかからず作成できるという事は動画の投稿数が多くなりますからね。

 

 

3年前くらいは1チャンネルに30動画入れるという、量産系も存在しましたが、

現在はスパム扱いとなり、いい評価は受けないです。

 

 

2019年現在は多くて5動画程度が理想です。

 

 

最低1日1動画を目標にしましょう!

 

 

動画が多いと言うことは、動画のヒットする確率を増やすことが出来ます。

 

そして作業工程がシンプルなので、自分で作らなくても外注化が容易です。

 

 

若宮は100円〜で外注さんにお願いしていました。

1日10動画納品してくださる方もいらっしゃいましたよ!

 

 

誰かに動画を作成して貰ってそのヒットチャンスを増やすことが出来ます。

 

将来的には外注を仕組み化し、自動で収益を発生される仕組みを作るというのが理想ですよね。

 

そうすれば自分は何をしなくても収益に繋がるという夢のシステムが完成します!

 

 

ところでテキストスクロール動画って稼げるの?

って思う人も多いでしょう。

 

2019年現在はギリギリ稼げる。といったところです。

デメリットの項で触れますが、これから一生テキストスクロール!とは考えない方がよいでしょう。

 

 

簡素なスクロール動画はあまりおすすめ出来ませんが、テキスト動画を侮ってはいけません。

 

しっかり作業すれば資産となり、100万円以上の収益が見込めます。

 

だからこそ、YouTubeにはいまだにテキスト動画が溢れているんでしょうね。

 

簡単な上に稼げるからこそ、動画をアップしている人が多いとも言えます。

 

簡単なテキストスクロール動画は、それでも沢山アップされているっていう事実もありますからね。

 

若宮
最初はテキストスクロールでもいいので、編集→アップの作業になれる!
最初から完璧な動画は目指さなくていいのです。

テキスト系動画のデメリットとは?

メリットがあるという事はデメリットもあります。

テキスト系動画は動き少ないので、再生維持率は低くなります。

 

そのため文章だけでも面白いと思えるようなネタが必要です。

 

そういうネタで動画を作れば高い維持率をたたき出すことが可能ですね。
より多くのネタを集める必要があります。

 

ネタ探しに苦労するかもしれませんが、それでもネット上には山ほどネタが転がっています。

そこから厳選して良いネタを仕入れていきましょう。

 

Youtubeは数動画入れたくらいでは、再生数は伸びません。

 

しかし、テキスト動画なら簡単に作成できますから数をこなすのは大丈夫でしょう。
慣れれば沢山作成できるようになります。

 

 

コツコツと作って動画数を増やすように心がけましょう。

テキスト系動画はYouTube副業の基本になります。

 

是非習得していきましょう。

 

そして、1番大切なこと。

 

 

テキスト系はYoutubeの新審査基準には通るのか?

 

気になると思います。

 

 

答えはイエスで、2019年に入ってテキストスクロールで審査を通過した例もあります。

しかし、簡素な編集ではいずれ通用しなくなると予想しています。

 

 

まだ簡素な編集しかしていないのであれば、今のうちから現代版テキスト動画に移行しておきましょう。

 

うだうだと心配して作業できないくらいなら、初心者であれば1度はやっておくといいですね。

ナレーション系動

動画の内容は色々ありますが、肉声を入れたナレーション動画です。

YouTubeをよく観ている人ならわかりますよね。

ナレーション系動画のメリットは?

・声+テキスト動画

・ラジオドラマのような朗読系

・バーチャルユーチューバー

といった種類があります。

声を聞かせることに特化したジャンルと言えますね。
ナレーション系動画のメリットは声にファンが出来、登録率が高めに維持できるという事です。

 

 

声自体に魅力があり、内容を無視しても人気になる場合もありますよ。

特に女性の声だとファン要素は高いのは火を見るよりも明らかですw

 

 

本当に女性は羨ましい!!w

 

それこそ声優など声のお仕事を目指しているのならばこのジャンルは頑張り甲斐があります。

声に自信がなくても、外注さんにお願いして動画を作成できますよ。

 

 

外注費は1動画500円ほどが相場で声優の卵の卵のような方ならさらに安く引き受けてくださいます。

そして視聴支持率も高めです。

 

 

ナレーション系動画は動画を見なくても楽しめるので、ラジオのように垂れ流しで聞く人もいます。

つまり広告も見てくれて広告単価も上がるんです!

 

さらには動画再生数も見込めますよね。

 

維持率の高い動画はYouTubeでの評価も高くなりますし必然とチャンネルの成長が早まります。

 

声に自身があれば是非チャレンジして欲しいジャンルですよね。

 

顔出ししなくてもいいのもメリット。

 

さらに肉声というだけでYouTubeからの評価は上がります!(トップバズも)

 

ナレーション系動画のデメリットは?

ではデメリットはなんでしょうか?

 

まず外注さんにお願いするとして、変えがききません。

 

身内や自分で声を入れるならいいのですが、赤の他人となるといざって時に困ることも・・・

 

また声のタイミングで画像や文字を切り替える必要があるため、編集の行程が増えるので編集の手間が掛かるというのはデメリットでしょうね。

 

録音環境が必要になります。

 

録音する際に環境音やノイズを拾うと台無しになるためスタジオや宅録出来る環境が必須になります。
これはなかなかハードルが高いかもしれませんね・・・

 

 

機材を揃えるのにも投資が必要になります。

 

そして一番大事なのはやはり声の質です。

 

声の質が受け入れてもらえないといくら動画を入れてもヒットしません。
コレばかりは仕方無いんですけどね・・・

 

 

 

自分でやる場合は客観的に見て人に好かれる声なのかどうかを判断する必要がありますね。
またトーク力も必要になる場合があります。

 

でも逆に言うと声やトーク力に自信がある人にとっては素晴らしいジャンルだとも言えます。
是非挑戦してみましょう。

 

 

そして最後に注意点、ラジオ動画の無収益化の流れを受けてです。

 

 

「別に転載じゃないオリジナルだから心配しなくても大丈夫では?」

 

と思うかもしれませんが、YouTubeのAIはオリジナルか転載かを判断出来るわけではないんです。

 

 

では何を見ているか?

 

 

動画(背景)に動きがあるかどうかです。

ナレーションで勝負する際も背景は頻繁に動かしましょう!

 

最近ですと手間や費用はかかりますが、声×バーチャルユーチューバーがおすすめです。

 

スライド画像系

スライド系動画とは、基本、静止画を複数枚スライドショーで流していく動画です。

音楽を入れたり面白い画像を用意して動画を作っていくという事ですね。

スライド画像系のメリットとは

スライド画像系のメリットは手軽に作成が可能という事ですね。

画像を並べるだけなのでとくに難しい編集が必要になりません。
割と簡単に動画を作ることができます。

 

工程が少ないので動画も量産しやすいのが特徴ですね。

また画像は意外にも人を惹きつける力が強く、衝撃的な画像や面白い瞬間を扱ったスライド動画は再生数がかなり伸びます。

 

 

ヒットすると凄まじい瞬発力があります。

1日で10万円を超えたスライド動画もあるくらい!

もちろん顔出しもありませんよね。

スライド画像系のデメリットとは?

スライド画像系のデメリットはやはりネタを見つけることでしょうね。

衝撃的な画像や面白い瞬間を扱うのは再生数が伸びると書きましたが、そんな画像を見つけるのはなかなか難しいですね。
さらに著作権の問題も付きまといます。

 

審査状況は?

というと、こちらも2019年に審査通過したチャンネルがあります!

簡素なスライドショーでどこまで通用するのか。

 

メルマガやLINE@でも審査状況の最新情報をお知らせしていきますね!

 

スライドショーは正直、今からやらないほうがいいです。

 

 

面白写真をオリジナルでたくさん持っているのであればいかかですか?(編集のクオリティはあげましょう)

撮影系

文字通りビデオカメラで撮影して動画を作成するというジャンルです。
YouTubeで一番オーソドックスでスタンダードな手法だと言えます。

 

YouTubeといえば撮影系YouTuberを思い浮かべる人が多いでしょう。

 

ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなどはめちゃくちゃ有名ですけど、顔出し動画になりますね。

 

でも他にも撮影系で人気の動画は多数有ります。

撮影系といっても幅広いんですよ!

 

ペット系

文字通りペットを撮影。
ペットが主役ですので、顔出ししなくてもOKです。

あなたのコンセプトにもよりますが、声は入れた方が臨場感も出ますしあなたにもファンがつきます。

ペット好きには、人気がでますし、自分のペットがみんなに見てもらえて良いことばかりですね。

ゲーム実況

こちらは人気のジャンルですよね!

ゲーム実況は簡単にできますし、顔出ししなくてもOKです。

世界一稼ぐジャンルと言われています。

ゲームが大好きで一日中ゲームしてても苦にならないという人なら、好きを仕事に出来るチャンスですよ。

ただし、ライバルが沢山いるので、あなたの個性が大切!

おもちゃ系

キッズ向けの動画。

こちらはよく子供がやってたりします。
なぜか子供は子供の動画を食い入るように見ていますよね。

 

稼いでいる人はめちゃくちゃ稼いでいるのがこのジャンルです。

両親が子どもを撮影して儲けている実態w

 

悪いとは言いませんし、キッズ向けは再生数が伸びやすいです。

強いキーワドのおもちゃを紹介できるのか、で初動に影響が出るでしょう。

ちなみに再生回数は多いが、子供向けの広告は広告単価が低めです。

顔出し系

こちらも人気ですよね!

顔に自信があって、承認欲求が強いのであれば迷わずおすすめですw
イケメンや美女でプラスαの何かがあれば再生数が伸びる可能性があります。

顔出しが恥ずかしい、もしくは顔出しはしたくないって言う人も多いでしょう。

 

そりゃ自分に自信があれば顔出したいところですが。

 

うまくいってめちゃくちゃ売れたら、あとから大変な事もあります。

ストーカーとか多いそうですし、住所も今の時代簡単に特定されたりしますからね・・

 

 

凄く綺麗でかわいい人ならそれだけで動画再生は伸びるかもしれませんけど、敵も増えるって事は忘れずに。

 

とはいえ、その人自体に大勢のファンがつくので、マネタイズ方法も無限で驚くほど稼ぐ金額はでかくなりますね。

撮影系のメリットとは?

撮影系で需要のあるジャンルの動画を投稿していけばチャンネル登録数は多くつきます。
登録率が抜群に高いジャンルですね。

長い動画やファンが付くとより長く動画を再生して貰えるので、広告が表示されクリックされる確率が高くなりますので、
1動画での稼ぎは高くなる傾向になります。(ジャンルによって変動)

 

そして完全オリジナルで作れるので、著作権違反を受けにくいっていうのはメリットです。

 

 

気をつけて欲しいのは、テレビなどの映り込みですね。

 

故意に撮るのは問題外ですが、映り込みも著作権侵害に当たります。

 

オリジナリティがあり評価も高く、良い作品を作れば再生維持率はトップクラスを維持できます。

 

若宮
普段の延長でYoutubeライブがしやすいのでおすすめ!Youtubeライブは登録者倍増も狙えます!

撮影系のデメリットとは?

デメリットは

 

・撮影に時間がかかる

・編集に時間がかかる

・機材が多く必要になる

・費用がかかることも多い

・伸びるのに年単位で時間がかかることもある

 

意外にデメリットが多いです・・・

 

副業でやる場合は時間が限られていますので、その時間を有効に使えるかどうかは難しいのでジャンルを考えましょう!

 

毎日投稿するのは難易度が高く、動画数を増やすのに時間がかかります。

 

行動できる時間がある人にはオススメできるジャンル!

 

また顔に自信がある!声にも自信がある!これなら絶対いけるという何かがある!

 

そういう人は是非挑戦して欲しいジャンルです。

まとめ

どんな種類の動画が稼げるのか?ということで書いてきました。

色々なジャンルがあるのがわかりますよね。

 

若宮が最もおすすめしているのは紹介したジャンルを複合したハイクオリティー動画です。

 

それは何かと言うと、

背景は画像スライド系、テキスト文字を入れ、ナレーションを吹き込む。
さらに撮影した動画を背景など素材に使うとなおいいでしょう!

 

手間こそかかりますが再生数を伸ばし、なおかつ審査基準を完璧に満たした動画です。

次世代型YouTubeアフィリエイト動画はこの流れです。

 

 

のちに作成方法など記事にしますが、YouTubeを見渡せばこのタイプの動画はめちゃくちゃ増えていますよ。

若宮の所有チャンネルの動画だけでもYoutube上に1000動画はゆうにこえています!

 

それでも最初に始めるのならやはり簡単なテキスト系やスライド画像で始めるというのが有効です。

資金や時間に余裕が出来たら一段階上のジャンルを開拓しましょう。

 

 

まずは軌道に乗らないと精神的にも資金的にも始まりませんからね・・

 

軌道に乗って稼げるようになってきたら費用をかけてナレーションを雇ったり、時間をかけてじっくり撮影系に挑戦したりといった事に挑戦していけばいいのです。

 

いきなり高度なチャンネルを作るのは非現実的なので、徐々にステップアップして動画作りをしていきましょう。

まずはYouTubeをよく見て研究するって言うのが良いでしょう。

 

どんな動画が再生数が多いのか?

それを見定める目は、やっていれば肥えてきます。

また名前を出しちゃいますけど、はじめしゃちょーさんだって、ヒカキンさんだって最初から稼いでいたわけじゃ無いですからね。

 

皆さんYouTubeの初期の頃の方からコツコツと動画をアップしてきて、それが今は大きな財産になっているんです。

動画投稿期間は、やはり何より強い武器です。

 

長い時間やっているという経験になります。

 

最初はマネからでもいいと思います。
オリジナルはそれからでも遅くないですよ。

 

自分に合ったジャンルを見つけてそれを元に次につなげる動画を作成すれば良いでしょう。

 

頑張ってYouTubeで本業を超えるぐらいの稼ぎを手にしましょう!

 

理想の未来が待ってますよ〜

最新情報をチェックしよう!
>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG