YouTubeで未来を切り開く

YouTubeカード機能の有効な使い方で効果を最大化するポイント

若宮です。

 

今は廃止になってしまっていますが、アノテーションという機能がありました。

アノテーションはPCのみの機能でスマホ社会の現代にはなじめず消えてしまいました。

 

カードも以前からありますが、スマホでもPCでも使える優秀な機能です♩

ところで、YouTubeにおけるカードとは一体どんな意味があるんでしょうか?

 

っていうかカードって何?って言う人も多いと思います。

 

YouTubeで動画を見るだけの人はあまりカードっていう存在を知らないんじゃないでしょうか?

 

YouTubeで稼いでいくのなら、覚えておいて損はない機能ですので、ここで覚えておきましょう!

ということで今回はYouTubeにおけるカードについて色々と説明していきますね。

カードとは?

YouTube動画の上に追加できるインタラクティブ機能の事で、2015年3月から提供されています。

カードというのはあらかじめフォーマットが決められた通知の事。

 

パソコンとモバイルの両方に表示されます。

 

カードを設定すると、チャンネルの他の動画を宣伝することが出来ます。

カードが設定されると、動画の右上に小さな長方形のボックス(ティーザー)が表示され、メッセージのプレビューを確認出来るようになります。

ティーザーをタップまたはクリックすると、動画に関連づけられたカードが右横(モバイル端末を縦向きにしている場合は動画プレイヤーの下)に表示されます。

 

カードは行動を促すことができ、動画の内容と関連づけ足りすることでより大きな効果が得られます。

 

たとえば、特定の動画や商品の事を話しているタイミングに合わせてカードを表示するなんてことも出来るわけです。

これは考えただけでも集客に繋がりそうですよね!

 

カードをクリックするかどうかは視聴者が決めることが出来て、クリックしなければそのまま消えるので視聴者の邪魔にもあまりなりませんよね。

カードによって、他の動画、再生リスト、など自身が見せたい動画へ誘導できるわけです。

 

ですので、以前の動画にカードを表示して、最近アップロードした動画を紹介したり、上手く作れた一押しの動画を入れたりも出来ます。

上手に使えればかなり呼び込むことができますよね。

是非覚えて起きたいテクニックです。

カード機能で出来る事は?

カード機能で出来る事は何でしょうか?

次の5つがメインになりますね。

 

1.再生数を上げたい動画への誘導

2.チャンネルへの誘導

3.特定の再生リストへの誘導

4.特定のサイトへの誘導

5.アンケート機能

 

以上5つが主な機能だと言えます、
YouTubeアフィリエイトで主に使うのは

1の動画への誘導と3の再生リストへの誘導がメインになります。

動画への誘導

動画への誘導は、続き物やシリーズ物への誘導をすることで、視聴者にわかりやすく次の動画へ案内することが出来ます。

また、再生数を上げたい動画を選ぶことで、動画のパワーを上げる効果も狙えますね。

 

選ぶ動画は再生時間の多い動画を選んでみてください。

動画数がチャンネルに増えていけば効果が実感出来ますので、是非取り入れましょう。

再生リストへの誘導

こちらは、チャンネル内でもジャンルを細分化したいときに効果的です。

シリーズ物のまとめの再生リストを作れば、視聴者にとっても便利な機能になりますので、必要に応じてカードを作ってみて下さい。

YouTubeカードで活用できるのは以下の種類があります。

・チャンネルカード:任意のYouTubeチャンネルに誘導出来る

・リンクカード:関連Webサイトとして登録したサイトに直接リンクできる

・アンケートカード:動画視聴中にアンケートを採ることが出来るカード

・動画カート・再生リストカード:任意の動画や再生リストにリンクさせることができる

 

基本的には、動画の主要なメッセージが終わり、まとめに入る段階でカードディーザーを表示し、サイトや他の動画を紹介するのが定石です。

他には一つの動画の中で複数の商品を紹介する場合、商品を紹介しているタイミング毎にカードティーザーを表示することで、関心を持った視聴者をスムーズに関連ページに誘導することが出来ます。

 

また、YouTubeカードへの注目を高めるために、動画の登場人物やナレーターが「右上のカードをクリックして下さい」「○○に関する動画はこちらからご確認頂けます」などと、台詞で案内するのも効果的になります。

YouTubeカードの設定方法

さて、続いてはYouTubeカードの設定方法について書いていきましょう。

 

1.YouTubeにログインして、クリエイターツールへいきましょう。

2.左メニューの「動画の管理」からカードをいれたい動画の「編集」をクリックします。

3.右上にある「カード」というボタンをクリックします。

4.右側に「カードを追加」という葵ボタンがあるので、クリックしどの種類のカードかを選択します。

 

ここまでは

「動画または再生リスト」

「チャンネル」

「アンケート」

「リンク」

すべて同じ行程になります。

この後は一つずつ紹介していきますね。

動画または再生リスト

動画または再生リスト欄の「作成」を押すと下に記入欄が出てきます。

誘導したい動画(再生リスト)を選択し、「カードを作成」をクリックするだけでOK!

他の人の動画を選択したい場合は、動画のURLを記入欄に入れればOKですね。

チャンネル

チャンネル欄の「作成」を押すと記入欄が出てきます。

「チャンネルユーザー名またはチャンネルURL」のところで、紹介したいチャンネルのTopページのURLを載せておくのが良いですね。

自分のURLだとこのページがTopページになります。

ティーザーのテキストは、動画内で指定の時間になるとポップアップで出てくるテキストのことを指します。

カスタムメッセージは、動画内のカードをクリックした時に表示されるサムネイルの下のテキストのことを挿します。

「カードを作成」をクリックすれば設定は完了になります。

アンケート

アンケート欄の「作成」を押すと記入欄が出てきます。

動画を見ている視聴者の方にアンケートをとることが出来ます。

リンク

リンクの欄の「作成」を押すと記入欄が出てきますので、必要な情報を入れましょう。

自分のHPだったり、サイトに飛ばしたい場合は、YouTubeに許可を得なきゃ行かないって事でちょっと面倒ですよね。

最後に、希望のカードを入れ終わったら、どこでテキストがポップアップされるか時間帯を決めましょう。

ゲージを動かして、いれたい時間帯を設定することが出来ます。

カードのポップアップは設定した時間から5秒間ですから、良いタイミングで入れたいですよね。

カードまとめ

カード機能をただ闇雲に付けただけでは勿体ないです。

きちんと考えて入れないと疲れるだけですよ。

クリックされなきゃ意味が無いっていうことなので、クリックされやすいカードを挿入してください。

 

またタイミングが非常に重要ですよね。

例えば商品紹介やアプリ紹介などをしていたとして、動画の始めからティーザーのテキストが表示されてもクリックはしないでしょう。

ですが、商品の事を紹介した後にグッドタイミングでテキストが表示されればクリックさせる確率もアップしますよね。

アナリティクスを見て離脱のタイミングに持ってくるのがおすすめです。

 

現実問題、カード機能は有名Youtuberさんなどでも取り入れてない方も多いです。

確かにタイトルメイクやサムネに比べれば効果は薄く、わかりにくいでしょう。

しかし、1パーセントでも効果があるのであればやっておこう!というのが若宮の意見です。

動画を投稿した時のルーティンにしていきましょう!

最新情報をチェックしよう!
>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG