YouTubeで未来を切り開く

YouTubeテキスト動画 基本を覚える〜iMovie編〜

未来ユーチューブ研究所へようこそ!若宮です。

 

 

あなたはテキストスクロール動画というものをご存知ですか?

 

最近減ってきてはいますが、下から上に文字が流れていく動画を見たことはないですか?

 

あれがテキストスクロール動画と呼ばれる動画です。

 

 

ウザがられる対象でしたが、再生数は稼げた過去があります。

 

近年はYouTubeが取り締まり、スクロールでは収益しにくくなってきました。

 

 

しかし、このスクロール動画は、その作りやすさと仕組みを覚える意味では大変役に立ちます。

 

そこで今回、無料編集ソフトのiMovieを使ったスクロール動画の作り方を紹介します。

テキストスクロール動画とは

スクロール動画とは上から下、下から上へ動かす効果のことです。

テキストだとテキストロールといったりしますね。

 

映画や結婚式のエンディングでキャスト名などが下から上に上がってくるあれがスクロールです。

 

 

それでは、テキストスクロール動画作りの流れを説明しましょう!

素材の準備

まずは動画に使う素材を用意します。

 

用意する素材は

 

・画像(動画)

・テキスト

・音楽

 

上記の素材をまずは集めましょう。

 

 

テキストはある程度メモ帳などで改行を整えるとスムーズに編集することができますよ。

各素材を動画に入れる

素材の用意ができたら、画像を動画編集ソフトに入れていきましょう。

 

基本的にはどのソフトもドラッグ&ドロップで素材を入れていけます。

ファイルを選択するより直感的に操作できます。

テキストを動画にいれる

画像が挿入できたら、テキストを入れて行きます。

iMovieだと「タイトル」というのがテキストになりますね。

 

大体『T』の文字で表されています。

 

テキストロール動画は基本エンドロールで文字を入れて行きます。

画像調整&スピードを調整

画像とテキストを挿入したら、今度はテキストが流れるスピードを調整していきます。

 

テキストのスピードは人が喋るスピード前後が良いですね。

 

そしてテキストスピードに合わせて画像の流れる長さを決めていきましょう。

音楽を入れる

最後に動画に音楽を入れて行きましょう。

 

音楽によって視聴維持率が変わるので、侮れませんよ。

素敵な選曲をしてくださいね。

 

動画のイメージに合った曲を選ぶのが基本です。

 

 

また、使う音楽は許可が出ているフリー素材の音楽を使うようにしましょう。

YouTubeライブラリーから選ぶといいですよ。

動画書き出し

最後に動画を描き出していきます。

基本的にHD画質で書き出していけば問題ありません。

 

iMovieの場合、高品質の設定でMP4ファイルになりますので、そちらを選んでください。

動画編集はテキストスクロール動画から

動画編集をやったこと無い人からすると、動画編集はもの凄くハードルが高い気がしますよね。

 

しかし、テキスト動画で短い物なら10分ほどで作れてしまいます。

 

まずはドンドンと数をこなして動画編集になれることが大事ですね。

 

 

作りが簡単な動画でもYouTubeアフィリエイトはしっかりと稼ぐことが出来ます。

 

テキスト動画もバカにはできません、今後YouTubeで稼いでいくために必ず覚えておきましょう。

 

テキスト動画をうまく作るコツは文字を見やすくすることです。

 

 

文字が見づらかったらテキスト動画の意味がありません。

まずは文字が大事です。

 

そして背景の画像を切り替えたりして、飽きられない動画を作ることですね。

 

もちろん音楽も重要なので、その辺も意識して動画を作成してください。

 

ナレーションを追加するなどして、見やすさの工夫をしてあげるとなおよしですね。

iMovieを使ったスクロールの作り方

1.まずはマイメディアにオープニング(動画素材)を追加します。

2.オープニングの再生時間が長い場合は「クリップを分割」でカットします。

3.本編で使用する画像素材をマイメディアに追加して、まとめてタイムラインに追加。再生時間を調整します。

4.画像サイズの変更に合わせて、画像に動きを加えます。

5.画像と画像の間にトランジョンを挿入して、切り替えジニアニメーションを反映させます。

6.オープニングと本編(画像)の編集が出来たら、タイトルと本文を挿入します。

7.タイムラインにドラッグ&ドロップでタイトルを追加します。

8.続いてタイトルに編集(フォント、サイズ、外枠、色)を加えます。

9.テキストスクロール動画なので、「エンドロール」を選択します。

10.エンディング(画像素材)を挿入して、画像とテキストの再生時間を調整します。

11.BGMも他の素材同様に、マイメディアに追加してタイムラインにドラッグ&ドロップで挿入します。

12.使用しない箇所を「クリップを分割」でカットして、音量調整とフェードイン・アウトを加えます。

13.プロジェクト設定で、動画の前後に黒からフェードを加えて微調整しましょう。

14.テキストを目だ立たせるため色補正で画像素材を全て暗くします。

15.編集が終了したらYouTubeにアップロードする為に書き出しを行います。

 

編集したプロジェクトを保存しましょう。

その後、書き出しを行います。

16.これで完成です。一度で作成した物を確認するのが良いですね。

iMovieテキスト動画まとめ

iMovieによるテキストスクロール動画の作り方を説明しました。

 

iMovieは初心者でも使いやすく、テキストとも相性がいいです。

 

素材を準備すれば作業自体は簡単ですよね。

 

一度作ってみるとすぐにわかります。

 

まずはフリーの素材を準備することですね。

 

そして慣れるためにも数をこなす。

 

習うより慣れろっですね!

 

若宮
テキストスクロール動画はこの世界のご先祖様のようなものですので、しっかり覚えておきましょう!
最新情報をチェックしよう!

Youtubeの最新記事8件

>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG