YouTubeで未来を切り開く

YouTube無収益化事件について

未来ユーチューブ研究所へようこそ!若宮です。

 

 

このブログへたどり着いたのであれば、YouTubeを使ったネット副業で収益をあげるのが目標ですよね。

 

しかし無収益化という痛い目にあった人もいるのではないでしょうか?

健全な動画をあげて、長い間収益化されていたのに突然・・・

どうして無収益化されてしまうのか?

 

はい、若宮もそうですw

 

実体験や、コミュニティメンバーの声など色々と検証してきた研究結果を書いていこうと思います。

 

 

 

YouTubeの地獄ワード 一部の広告に適していない?

オリジナルでやっているチャンネルの動画でも、一部の広告主に適していないと判断されたって言うことですね。

 

まったくエロでもないし、グロでもない動画です。

新しい収益化アイコン

YouTubeではクリエイターツールを更新して、コンテンツが全ての広告主に適していないと判断されたために広告形成が制限されている、まったは広告がまったく表示されない動画をカント単に確認出来るようにしました。

動画は全ての広告主に適しているとお考えの場合は、手動審査を依頼することが出来ます

 

 

ということで、新しい収益化アイコンで手動審査の依頼が出来ると記載されています。

オリジナル動画で、すぐに収益化してもらいたいのであれば、手動審査をしてもらいましょう。

 

 

1.YouTubeチームによる確認を依頼するをクリック


2.審査に申し込むをクリック

 

結果はすぐに出ますが、きちんと動画を作成していれば手動審査で無収益化は解除されます。

動画の管理画面でこの動画を確認すると何事もなかったかのように緑のドルマークに戻っています。

審査したこともわからないような感じで、まったく何も書かれていません。

オリジナル動画で、しかもコンテンツガイドラインに全く違反している覚えがない動画でも、収益無効化になってしまう場合があるという事ですね。

 

若宮

身に覚えの無い人は、今回の手順で再審査請求をしてみることをオススメします。

 

 

再審査請求機能とは?

動画の再審査請求機能の拡張という題名で、規約変更がありましたが、ちょっとわかりにくい文章になっています。

 

変更を要約すると、怪しい動画は一旦収益無効化にして、クリエイターが再審査請求を申し込めるようになったという事です。

 

ちなみに、再審査をしてもらうには「過去7日間の視聴回数が1000回再生を超えている」必要があります。

 

 

再審査の請求があれば、YouTubeの担当者が目視で動画を確認し、収益化出来るかそれともNGを出すのかを判断するようです。

 

このシステムの変更後、多数のYouTubeクリエイターさんから収益無効の報告をもらっています。

 

ただ、その後の動向には個人差がありますね・・

 

 

例えば・・

☆収益無効と判断された後に、放っておいたら緑色の収益化マークに戻っていた
☆収益無効後に再審査請求することで収益化出来た
☆再審査請求をしたけどダメだった

 

 

これらの事案や再審査請求機能を知らない人は、ビックリして動画を削除してしまった人もいますね。

 

2020年の収益無効化は再審査請求機能によるものなので、まずは様子見をしています。

 

 

 

収益無効化とは?

 

・緑の$マークは問題なし
・黄色の$マークは収益無効化ですが、7日間で1000回再生以上だと再審査請求が可能
・黒の$マークに斜線が入った物が完全に収益不可

 

これまでは黄色の収益不可になった場合というのは、放っておいて稀に収益が復活するか、タイトルやタグを再設定(禁止ワードの削除)することで、緑に復活することがありました。

これは、変更により再審査を申し込んで、実際に目で動画を視聴してもらって収益OKかNGかを判断されます。

 

そのため、再審査を請求する前には、サムネやタイトルやタグなどは見直してからの方がいいですね。

 

 

某国のイージスがチャンネル閉鎖

嫌韓系チャンネルとしてのレジェンドであり、チャンネル登録数16万人を誇るビッグチャンネルの某国のイージスさんが、規約変更によりかなりの被害を受けています。

で、このタイミングでチャンネル閉鎖を決断したって事ですね。

2018年、ほぼ99%の動画の収益化が不可になったという事で、亡国のイージスさんは見せしめか狙い撃ちされたようですね・・・

 

2015年からこの手のチャンネルは収益を剥がされたり実は、昔から危ういとされていたジャンルではありました。

 

現在は復活し、とても元気に活動されていますね!

ファンも多いので復活はとても喜ばれています。

 

何故復活できたのか。この疑問の答えを考えて行動したいですね。

 

 

ゲームチャンネルやその他のチャンネルでも・・

なにも政治的な動画だけが対象ではなかったようで、ゲーム実況動画等も収益無効化されています。

 

ある人が考察していますが

 

”収益不可になったのではなくて、もともと広告が付いていない動画に対して、この収益不可マークが大量に付いたのではないか?”

 

と言う考え方もあるようですね・・・

つまり、このマークによって収益再審査申請ができるようになっただけで、騒動で付かなくなったのではなく、もともと付いていなかったと言うことです。

うーん、そういう見方もあるという事でしょう。

 

またゲーム実況などでも出血シーン等があると収益不可になる可能性が高いとの報告もあります。

不適切な動画って事になるんでしょう。

 

 

任天堂はゲーム実況者と共に

任天堂は正式にゲーム実況者との案件を提示しています。

「Nintendo Creators Program」というシステムがありますが、ゲームプレイ動画投稿者など、

 

同社の著作物をYouTubeで使用するユーザーに広告収益の一部を分配するシステムです。

勝手に配信されるぐらいなら、良い物を配信して欲しいっていう任天堂の考え方ですね。

 

若宮
YouTubeの影響力に各企業も気付いて来ていますね!

 

 

コンテンツガイドラインをチェックしよう

YouTubeにアップしても良い動画というのはYouTubeのコンテンツガイドラインということで、ルール化されています。

 

エロい物、暴力的な内容、そして差別的な内容がそれらに当たります。

ドッキリやヘイト系もこれにあたります。

 

 

そのあたりはきちんとYouTubeのコンテンツガイドラインに記載されていますので一度チェックしておくといいでしょう。

この辺りは当然ですが禁止です。

物議を醸す問題やデリケートな事象
薬物や危険物質を含む商品
有害または危険な行為
不快なコンテンツ
不適切な表現
家族向けのキャラクターの不適切な使用
炎上目的、侮辱的
性的内容を示唆するコンテンツ
暴力的

 

 

YouTubeのコンセプトは、誰もが気軽に楽しめる動画サイトです。

この誰もがっていうのがポイントですよね。

 

言ってみればドラえもんやサザエさんと同じ事です。

 

子供が見ても親も本人も不快にならない内容じゃないとダメだという事です!

教育上良くない。と言われてしまえばそこまでです。

 

ここまでYouTubeが大きくなってくると、その影響力は計り知れません。

そして様々な年齢層の人がスマホで気軽に視聴できる時代になったのも影響しているでしょう。

 

やはり小学生がみても問題無い動画が一番安全ですね。

 

それでもYouTubeには検索機能があり、そして18歳以下の視聴制限も設けることができます。

追々記事にしますが、キッズ向けの動画の規制も始まりましたね。

 

小学生向けに作るからこそ低レベルな動画が多いって言うのもあるんだろうか?

そんなことはないですがね。

 

でも、色々な人が見ているYouTubeですので、YouTubeが認める動画を作成していきましょう。

 

 

 

YouTube無収益化まとめ

 

過去に起きた無収益化ということで書いて来ました。

無収益化というのは結構応えますよね・・・

 

ですが、YouTubeクリエイターにとって、広告主さんがいるおかげで収益が発生しているのは事実です、

そこを無視するわけにはいきません。

 

YouTube様に文句を言っても何も解決しませんからね。

 

 

2020年初めは、各動画ごとに黄色のドルマークが付く事態が発生しています。

 

 

ジャンルで言えば、「スカッと」など過激めな動画が主なターゲットです。

感の良い人ならお気づきでしょう、漫画系が目を付けられました。

再生が目立つとこういうことも起こります。

 

これは定期的(年2回ほど)にYouTubeが行う掃除のようなものです。

 

健全な動画で収益化しているのであれば胸を張って大丈夫です。

 

2月に入り落ち着いてきましたので、動画をガンガン投稿していきましょう!

 

 

今後どのように変化していくかは分かりませんが、しっかりとYouTubeの規約変更に対応していけるように気配りしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!

Youtubeの最新記事8件

>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG