YouTubeで未来を切り開く

未来ユーチューブ研究所へようこそ!若宮です。

 

 

若宮は数年のYouTube歴の中で特化チャンネルの運営に行き着きました。

 

最初は今ではできないような、グレーなノウハウから取り組み、試行錯誤のうえ特化に落ち着きました。

 

資産化出来るのが何より最高です。

 

 

まずYouTubeで稼ぐには動画を作成する必要があります。

 

しかしいくら特化させるとはいえ、闇雲に動画を作っても動画再生が増えるわけではありません。

 

 

そこで、特化型リサーチが必要になってくるわけですね。

 

さて、特化型リサーチとはなんなのか?

 

特化型チャンネルの運営について、この記事で説明していきます。

YouTube特化型チャンネル

特化型リサーチとはなにかかしらの特化ジャンルをリサーチすることです。

 

では特化とはなんでしょうか?

 

言葉としてはそれ一点を突き進めるっていう事ですよね。

一つのジャンルに特化しているチャンネルを作成しましょう!

 

それ専用のチャンネルと言い換えても良いでしょう。

 

 

よくいただく質問で、

 

色々なジャンルを雑多に混ぜたチャンネルが存在しますが、それではダメですか?

 

という声が多く、疑問を抱える方も多いようなので、その解説もしていきます。

 

 

YouTubeのチャンネル運営を考えるときに、

 

「色々なジャンルを混ぜた雑多チャンネル」を運営するか?

「一つのジャンルに絞った特化チャンネル」を運営するか?

 

悩むところだと思います。

YouTube雑多チャンネルとは?

雑多チャンネルとは、一つのチャンネルの中でジャンルを問わず、色々な話題を扱うチャンネルの事を言います。

その人の作っている動画が好きということでは無くて、動画一本一本で勝負します。

 

動画登録数を増やすというより、とにかく動画再生数を目的にしたチャンネル運営ですね。

雑多チャンネルのメリットは?

雑多チャンネルのメリットは、ジャンルに関係無く世の中で話題になっていること(これをトレンドといいます)を動画にできます。

 

トレンドパワーのある動画を積極的に扱えるので、初期の頃は時に再生数を集めやすいですね。

なので、初心者がYouTubeアフィリエイトを始めた時に、再生数が期待出来ます。

 

早く動画再生数の伸びを体験できるというのがメリットでしょう。

本来であればジャンル選びはとても重要ですが、それよりもどんどんリサーチし、動画を投稿していきます。

 

あまり考えすぎると動画投稿できなくなりますからね。

 

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる戦法も雑多では可能になります。

 

最初の頃はまずは練習だとおもって、どんどんリサーチし、動画を投稿していきましょう。

 

若宮

実践の中からでしか、得られない物もありますからね!

雑多チャンネルのデメリット

ごちゃ混ぜチャンネルのデメリットは、短気のトレンドを狙う場合、チャンネルの再生素が不安定になる傾向があります。

 

トレンドのある動画をジャンルに関係無く作成していくので、チャンネル内に全く違うコンセプトの動画が混ざっている状態になりますよね。

 

ということは、一度動画を見に来てくれた視聴者ですが、その話題だけを求めてやってくるので、あなたのチャンネルの別の動画には興味がないってことになります。

 

つまり、興味の無いジャンルが多いので、チャンネル登録にはむずび付かないことも。

そして他の動画を見て貰える可能性は低いです。

 

そして最大のデメリットは旬なトレンドを追いかける場合、動画を投稿し続けなければいけないって事ですね。

これはかなり疲れる作業です。

YouTubeの特化チャンネルとは?

雑多チャンネルのように色々なジャンルの動画を投稿するのではなく、特化チャンネルは一つのテーマに絞ったチャンネルの運営方法です。

 

 

例えば、アニメ、雑学、車、メイク、芸能、スポーツ、実験系などがあります。

 

 

そしてこれ以上絞り込むことも出来ますよね。

 

一つの例として女性アイドルの動画だとすると、女性アイドルの中でも○○さんにとかくしたチャンネルを作る。

 

スポーツにしてもスポーツの種類は沢山ありますよね。

 

野球、サッカー、ゴルフ、テニス、バスケなど、色々な競技があります。

 

 

更に言うと、野球のなかでもイチローさんに特化するなど絞るならとことん絞れます。

それが特化チャンネルです。

特型チャンネルのメリット

特化型チャンネルの最大のメリットは、あなたのチャンネルのファンになってくれるという事です。

 

特定のジャンルに絞ってチャンネル運営しているので、視聴者の見たい動画が他にも沢山あり、チャンネル登録率は高いです。

そうなればチャンネルの安定化に繋がりますよね。

 

若宮

全体での再生時間が延びると、チャンネルもパワーが付いてきますので、関連動画やおすすめの動画等にも表示されやすくなります。

特型チャンネルのデメリット

特化型チャンネルのデメリットは、瞬発力がありません。

 

やはりトレンドを追いやすい雑多チャンネルの方が動画再生数が伸びるのは早いですね。

 

特化させたことによりトレンドではない動画が増えがち。

 

チャンネル立ち上げの初期段階では、元々チャンネルパワーが無いのでアクセスが集まりにくいです。

 

安定的に収益を上げ続けるためには、どうしても時間がかかるので、長期的な視点が必要になります。

つまり、特化型チャンネルを収益化するには少し時間がかかります。

おすすめのYouTubeチャンネル運営方法

雑多チャンネルと特化型チャンネルには、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

雑多チャンネルならチャンネル登録率が悪く、資産性が少ない。

特化型なら安定しますが瞬発力がないってことです。

 

 

お気づきですかね?一番良いのはいいとこ取りです。

 

若宮の推奨チャンネル運営方法は?何の特化をやったらいいか?

 

最初は、何もわからないですよね。

しかもチャンネルによってジャンルの相性があったりもします。

 

そこで、まずは色々なジャンルをごちゃ混ぜで始めるのがおすすめです。

 

とりあえず、動画投稿しないと何も始まりませんからね。

 

動画投稿になれると言う意味でも雑多チャンネルでいいので、どんどん動画をアップしていきましょう。

リサーチも人の倍、行いましょう。

 

 

そうするとどんな動画を投稿すればアクセスを集めやすいかなどの傾向がわかってきます。

 

その時に再生数が多い動画のジャンルに絞って投稿していけば良いんです。

 

徐々に特化に移行していくのが理想です。

 

また特化チャンネルにすることで広告単価が上がりやすくなります。

 

YouTubeの広告はクリックされるほど広告単価が上がりやすくなる仕組みですからね。

 

 

あなたの動画が特化型チャンネルなら同じような嗜好を持つ人が集まっているわけですから、広告をクリック率は上昇します。

 

一般的に特化チャンネルの方が権威性を高めやすいと言われています。

 

権威性はGoogleがGoogle検索であるワードが検索されたときにどのページを表示するのかを決めるに使用しているアルゴリズムに含まれる概念です。

 

例えば、権威性の概念に基づき、「乳酸菌」とGoogleで検索したときによくわからない個人の日記の様なブログの記事は表示されません。

明治乳業の研究や医者の特化と呼べる記事が検索結果として表示されます。

 

一般的に権威性を高めるためには記事の執筆者がそのジャンルの権威であることが必要になります。

しかし、自分に権威がなくても権威性を高める方法があります。

 

それが、そのサイト内に該当ジャンルの記事がたくさんあり、それらの記事がしっかり読まれていることです。

 

この条件を満たせば、自分が専門家じゃなくても権威性が高めることが出来るんですよね。

 

つまり、特化チャンネルを運営すると検索もされやすくなると言うことです。

 

そうなるとアクセス増加に繋がり、チャンネル登録され収益がアップに繋がります。

 

将来的に考えると特化チャンネルが良い理由がここにあるんですね。

特化型チャンネルのリサーチ方法

さて、雑多チャンネルで慣れてきて、次に特化チャンネルのリサーチ方法について説明していきましょう。

 

どんな特化チャンネルを作っていけばいいのか?

 

それは誰もが初心者の頃には悩む問題だと思います。

 

まず考えることは「自分はそのジャンルに特化出来るのか?」ということです。

 

特化型チャンネルを作るとしてもリサーチの段階で特化した参考動画を探してこなければなりません。

コンスタントに動画数を増やす必要がありますからね。

 

 

そして、大変なのはどこかの動画や記事を参考にして作ったぐらいでYouTubeで稼ぐのは大変だということです。

 

例えば映画の情報に特化したチャンネルを作ろうとする場合

 

・毎日映画に関する情報、人気動画の条件を満たす動画を探し出す

・それに付加して視聴者さんに満足頂ける情報がある

・それを何ヶ月も続ける

 

それぐらいの事が出来なければ稼ぐのは難しいですよね・・・

 

 

視聴者の知らない情報を教えられるぐらいの動画が毎回作成出来れば、問題無いですが。

 

 

しかし問題はまだあります。

 

 

それは特化型ということで、チャンネルを見る視聴者が少なくなるって事ですね。

 

 

特化しているわけですから、そりゃ視聴者も絞られますよね。

 

 

でもでもでも、だからこそコアなファンが付くことをお忘れなく!

 

欲張ってもろくなことにはなりません。

 

ジャンルを絞る事でそのジャンルが好きな人が集まってきます。

 

では、どれぐらいジャンルを絞れば良いんでしょうか?

 

 

あまりジャンルを絞りすぎるとそれは視聴者が限られます。

 

なので、最初に始めるときは間口を大きくします。

 

 

例えばアイドルに関しての特化型チャンネルを作るとすれば、最初は色々なアイドルの記事を動画にアップすると良いでしょう。

その中でどのアイドルが一番再生数が多いのか?

 

そういったリサーチをしていって、そのジャンルに狙いを定め絞っていくのがベストです。

アイドルじゃなくても同じですよね。

 

アイドルを例にしましたが、AKBグループは取り扱わないことをおすすめします。

 

 

 

また一番大事なのは、自分の好きな物だけを動画にしても再生数は伸びないと言うこと。

視聴者目線で動画を作成しましょう。

 

 

そのためにもリサーチが非常に重要です。

 

 

成功例はYouTubeにあります。

つまりYouTubeをくまなくリサーチすることです。

 

 

そのライバルをみつけ、その上をいく動画を作成すれば動画再生数は伸びますよね。

そして収益化に繋がるでしょう。

ぜひ特化型チャンネルを推し進めていきましょう!

 

もし、何から始めたらいいのかわからなくなったら若宮に連絡してください。

微力ながらお力になりたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>自由を手に入れる

自由を手に入れる

稼ぎまくるとダラダラするのちょうど真ん中。 Youtubeを使ってあなたの理想のライフスタイルを!

CTR IMG